憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

美肌の天敵!紫外線対策のポイントは“日焼け止め”にあり!日焼け止めの機能と選び方を徹底解説

スキンケア

美肌の天敵!紫外線対策のポイントは“日焼け止め”にあり!日焼け止めの機能と選び方を徹底解説
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

毎日降り注ぐ紫外線、地球で生きている限りどうしたって避けることはできません。
皆さんは紫外線は肌の老化やトラブルの原因が紫外線だということを知っていましたか?
肌は加齢によって衰えていくことは承知の上かもしれませんが、実は肌が受けているダメージの8割は紫外線による光老化なんです。

紫外線を直に受けているということはいつも肌は危険と隣り合わせということ!

日差しの強い夏場は多くの女性が紫外線対策として日傘や日焼け止めを使っていますが、暑さが和らいでくる秋冬や春先にはどうでしょう。意外と手薄になりがちですよね。
確かに夏場は紫外線の量が強くなりますが、紫外線は季節や天候を問わずに降り注いでいるものです。

紫外線対策を怠るなんて美容的に絶対アウト!!

ここまでいうのには確固たる理由があります。
今回は美肌の天敵である紫外線の脅威と紫外線からお肌を守る日焼け止めの重要性を皆さんに紹介します。

怖すぎる!紫外線が肌に及ぼすダメージの大きさに驚愕!

そもそも紫外線とは?

出典 http://www.kose.co.jp

太陽の光には、目に見える光(可視光線)と、目に見えない赤外線、紫外線とがあります。 紫外線は、その中で最も波長の短い光で、波長によってUVA、UVB、UVCにわかれますが、実際に地表に届くのは、そのうちUVAとUVBです。
大気層(オゾンなど)で吸収され、地表には到達しない。

出典 http://www.kose.co.jp

紫外線の種類

出典 http://lapislazuli.jp

紫外線には3つの種類がありますが、特に身近で肌や体に影響を及ぼしている種類は紫外線A波と紫外線B波!
これらの紫外線には一体どんな影響を及ぼすのか見てみましょう。

[生活紫外線]紫外線A波/UV-A
太陽光線のうち9位割を占めている紫外線。
季節や天候に左右されず常に降り注いでいる。

紫外線の中では最も害を及ぼしにくい種類ではあるものの、
波長が長く時間をかけて肌の真皮まで到達して蓄積されコラーゲンを破壊!
するとシミ・しわ・たるみなどを引き起こす原因になる。

[レジャー紫外線]紫外線B波/UV-B
3月から9月にかけて強くなる紫外線。
地表に届く線量は少ないが有害性に至っては先ほど紹介したA波の1000倍近い強さを持つ。
波長が短く肌の表面に影響が出るため、炎症や日焼けをはじめシミ・そばかす・乾燥の原因になる。
さらに肌の老化を早めたり皮膚がんや白内障など健康への被害も大きい。

なんとも恐ろしい紫外線の猛威をお分かりいただけましたでしょうか。
これらはほんの一例でしかありません。
紫外線を肌に浴びているということは日に日に肌の細胞が破壊され老化が進んでいくということです!

紫外線が肌に与える悪影響まとめ

出典 http://www.ps-corp.co.jp

紫外線による肌の老化を光老化と呼ばれ、美容業界では非常に危険視されているんです。
光老化による肌へのダメージは計り知れません。
あなたの肌のお悩みは紫外線が原因かもしれませんよ!


【色素沈着(シミ・くすみ)】
紫外線による炎症がきっかけとなって、メラニン色素が過剰に生成されることが主な原因。乾燥が進んでバリア機能が低下した肌は、代謝がスムーズに行われず、メラニン色素を含んだ余分な角質が停滞。その結果、色素沈着する。

【肌荒れ】
繰り返し紫外線の刺激を受けていると、角質層が肥厚。肌の内部が隙間だらけになって、水分が蒸散。表面のキメが乱れて、ゴワつき・ザラつき・皮めくれといった肌荒れ状態に。

【ニキビ】
乾燥が進むと余分な角質が肥厚し、毛穴を塞ぐコメドが発生。紫外線を浴びて酸化した皮脂が、毛穴を刺激することもニキビの原因のひとつ。また、紫外線を浴びると、ニキビの炎症が進んで症状が悪化。

【症状の悪化(アトピー性皮膚炎・アレルギーなど)】
アトピー性皮膚炎に悩む肌は、乾燥しがちでバリア機能が衰えた状態。そこに炎症を促す紫外線の刺激が加わるので、症状がさらに悪化する傾向がある。またアレルギーでかぶれなどが生じた場合も、同じことが言える。

【シワ、たるみ】
加齢トラブルであるシワ・たるみにも、紫外線と乾燥は深く関与している。肌表面の小ジワは、表皮の水分不足によるもの。また、長波長紫外線UV-Aは、真皮にまで到達し、肌のハリを保っているコラーゲン・エラスチンを破壊し、深いシワ・たるみの原因に。

出典 http://

肌のトラブルの代表格がそろい踏み!
紫外線とあまり関係性がなさそうなニキビや乾燥といった項目も上げられました。
逆に言えば、紫外線を対策・予防すればこれらのトラブルを遠ざけられるということになりますね!

紫外線対策として効果的とされているのは“日焼け止め”です。
次に、日焼け止めの知識や選び方を見ていきましょう!

日焼け止めの機能と選び方のポイント

皆さんは日焼け止めを選ぶとき、どのように選んでいるでしょうか。
意外と「なんとなく」で選んでしまっている方も多いと思います。

日焼け止めには“SPF”と“PA”の表記がありますが、意味を知っている方は意外と少ないのが実態!
まず日焼け止め選びの要ともいえるこの2つの要素を紹介していきます。

ここで先ほど紹介させていただいた紫外線の種類を思い出してみてください。

出典 http://cdn.pixabay.com

はじめに、レジャー紫外線と呼ばれる<紫外線B波/UV-B>。
有害性が強いこのUV-Bをカットしてくれるのが“SPF”です。
“SPF”はSun Protect Factorの略称となっておりUV-Bをカットしてくれる指数を現しています。

日焼け止めに記載されているSPF30などの数値は“SPF値”です。
SPF値は0~50+までの数字で表されています。
数字が大きくなるほど効果が高くなります。

このSPFには肌へに与える刺激が強いため日常的に使うには適していません。
夏場の強い日差し対策の日焼け止めに多く含まれている傾向があります。

出典 http://cdn.pixabay.com

そして次に、日常紫外線と呼ばれる<紫外線A波/UV-A>。
あまり浴びている実感を感じずらいUV-Aをブロックするのが“PA”です。
Protection Grade ofの略称でUV-Aの防御指数を現しています。
+から++++の4段階に分けられており、段階が高いほど効果も強くなります。
UV-Aは季節や天候を問わずに1年中降り注ぐ紫外線なので日常的に気にしなければいけません。
最近アンチエイジング業界でもこのUV-Aへの対策に注目が集まっていることから基礎化粧品にPAが含まれることも多くなってきました。

この2つの違いを知っておくことで、日常生活やレジャーシーン、季節などにあわせて最適な日焼け止めを選ぶことができます。

出典 http://www.naturalweb.co.jp

しかしこの日焼け止め選びというのは実に難しいと言われており、肌質にあわせて最も適したタイプを見つけるのはとても大変なんです。
特に乾燥肌の人や敏感肌の人は選び方が慎重になりますね。
効果的=肌への負担が大きいと思う方多いと思います。
しかしそれもあながち間違っておらず、効果も肌への配慮も…となると、なかなか商品が見つかりにくいんです。

そんな時におすすめなのは乾燥・肌荒れ・紫外線の全てから肌を守ってくれるスキンケア日焼け止め【ラピスラズリ】!
高いSPFとPAを保ちながら高保湿で低刺激という夢のような日焼け止めなんです♪

出典 http://lapislazuli.jp

☆無添加だから肌に優しく負担が少ない
☆SPF40・PA+++で室内から野外までカバー
☆汗には強いのに石鹸でするんとオフできる
☆ノンケミカルなの白浮き・カサつきの心配なし
☆植物エキスで肌荒れを防いで健やかな肌に

紫外線の刺激を防ぐだけでなく乾燥・肌荒れ対策までまとめてできちゃう優れもの!
これさえあれば光老化の驚異におびえることはありません♪
1年中使えるマストバイアイテムですよ。

出典 http://lapislazuli.jp

出典 http://lapislazuli.jp

話題の日焼け止めブランド・ラピスラズリが自信をもって提供するラピスラズリ
ぜひお試しください!

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

ピックアップ!

ピックアップ!

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

タグ

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸